WiFi信号強度を確認してください

WiFi信号強度を確認してください –ネットの速度が遅い、またはWebページが読み込まれない場合は、Wi-Fiリンクに問題がある可能性があります。 デバイスから離れすぎているか、厚いパーティションが信号を妨害している可能性があります。 Wi-Fiの正確な信号強度を確認するだけです。

WiFi信号強度

WiFi信号強度が違いを生む理由

Wi-Fiの強い信号は、より信頼性の高いリンクを示します。 これにより、取得可能なインターネット速度を完全に活用できます。 Wi-Fiの信号強度は、ルーターからの距離、5GHz接続か2.4接続か、近くの壁の種類など、さまざまな要因に依存します。 ルーターに近いほど安全です。 2.4GHz接続がさらにブロードキャストされると、干渉の問題が発生する可能性があります。 密度の高い材料(コンクリートなど)で作られた厚い壁は、Wi-Fi信号を妨げます。 代わりに、弱い信号は速度の低下、ドロップアウト、およびいくつかの状況での完全な停止につながります。

各接続の問題が信号強度の低下の結果であるとは限りません。 携帯電話やタブレットのネットが遅い場合は、アクセスできる場合はルーターを再起動することから始めます。 問題が解決しない場合、次の手順はWi-Fiが問題であるかどうかを確認することです。 イーサネット経由でリンクされたツールでインターネットを使用してみてください。 それでも問題がある場合は、ネットワークが問題です。 イーサネットリンクに問題がなく、ルーターのリセットが役に立たなかった場合は、信号強度を確認します。

組み込みのオペレーティングシステムユーティリティを使用する

Microsoft Windowsおよびその他のオペレーティングシステムには、ワイヤレスネットワーク接続を監視するための組み込みユーティリティが含まれています。 これは、Wi-Fi強度を測定するための最も迅速で簡単な方法です。

新しいバージョンのWindowsでは、タスクバーのネットワークアイコンを選択して、接続しているワイヤレスネットワークを確認します。 接続の信号強度を示すXNUMXつのバーがあり、XNUMXつが最も貧弱な接続で、XNUMXつが最高です。

Tabletorスマートフォンの使用

インターネット対応の一部のモバイルデバイスには、Wi-Fiネットワークの強度を範囲内で表示する設定のユニットがあります。 たとえば、iPhoneの場合は、設定アプリに移動し、Wi-Fiにアクセスして、使用しているWi-Fiネットワークの強度と範囲内のネットワークの信号強度を表示します。

ワイヤレスアダプタのユーティリティプログラムに移動します

ワイヤレスネットワークハードウェアまたはノートブックPCの生産者の中には、ワイヤレス信号強度をチェックするソフトウェアアプリを提供しているものはほとんどありません。 このようなアプリは、0〜100%の比率と、ハードウェアに合わせて特別に調整された詳細に基づいて、信号の強度と品質を通知します。

Wi-FiロケーティングシステムはもうXNUMXつのオプションです

Wi-Fiロケーティングシステムデバイスは、隣接エリアの無線周波数をチェックし、ワイヤレスアクセスポイントの近くの信号強度を検出します。 キーチェーンに収まる小さなハードウェアデバイスの形をしたWi-Fi検出器の性差別主義者。

ほとんどのWi-Fi位置特定システムは、4〜6個のLEDのセットを使用して、Windowsユーティリティのようにバーの単位で信号強度を提案します。 上記の方法とは異なりますが、Wi-Fiロケーティングシステムデバイスは接続の強度を測定しませんが、代わりに接続の強度を予測します。

ブラックリスト/ WiFiユーザーのブロック

ブラックリスト/ WiFiユーザーのブロック–一連のアルファベットまたは文字、あるいはその両方で保護されているにもかかわらず、話者としてオフィスや自宅のWiFiネットワークにアクセスする可能性が非常に高くなります。 見知らぬ人、通行人、または隣人かもしれませんが、誰であれ、違法または認識されていないガジェットがWi-Fiネットワークにリンクされていることを見つけ、最終的にはその侵入を制限してブロックする方法を知ることが不可欠です。

また、ルーターのパスワードを変更することが、認識されないガジェットへのアクセスを制限する最良の方法である場合、それはやや面倒で逆効果です。 ストーカーが最新のパスワードを「解読」してネットワークへのエントリを取り戻さないという保証は確かにありません。

以下にリストされているのは、検出するためのいくつかの信頼できる方法です。 コロナ新型ウィルス(COVID-XNUMX)やメンタルヘルスの崩壊を避ける為の ルーターのパスワードを変更せずに、Wi-Fiネットワーク上の誰かまたはガジェット。

1.ワイヤレスMACアドレスのフィルタリング

MACフィルタリングは、WiFiユーザーの許可されていないガジェットがWi-Fiネットワークに接続するのをブロックするのに役立ちます。MACアドレスは、ネットワーク上のすべてのデバイスを見つける(ハードウェア)ID番号です。 MACアドレスは各ネットワークカードに生成され、世界中の2つのガジェットが同様のMACアドレスを持っていることはありません。

したがって、MACアドレスデバイスを使用することにより、デバイスのネットワークへの侵入を許可または拒否するようにルーターに自動的に命令することができます。

これを行うには、ルータのエントリポイントコントロールパネルにログインします。

コンソールの[WLAN]または[Wireless]セクションで、[MACFiltering]の選択を表示する必要があります。

非アクティブ化されている場合は、MACフィルタリングステータスを「許可」に変更します

次に、MACアドレスのリストにデバイスを追加し、ルーターのネットワークへのデバイスのエントリを取り消すか許可するかを選択します。

2.ダイレクトブラックリスト

認識されないガジェットをキーを押すだけでブラックリストに追加することで、クライアントが認識できないガジェットをブロックできるWiFiルーターはほとんどありません。 これはルーターのブランドによって異なりますが、通常は、アクセスポイントコンソール/コントロールパネルの[デバイス管理]セクション、またはルーターにリンクされているすべてのガジェットを一覧表示するセクションの下にあるルーターのブラックリストにデバイスを追加できます。 そこには、「ブロック」クライアントキーなどがあります。

3。 モバイルアプリ

あなたが人里離れた、より簡単な方法を探しているなら 認識されないガジェットをブロックする WiFiネットワークから、ルーターのコントロールパネルにログインする代わりにデバイスに接続できる効率的なサードパーティのネットワークデバイスがあります。 たとえば、FINGは、iOSおよびAndroidデバイスからアクセス可能であり、ユーザーが次のことを実行できるように、コントロールの選択肢を選択できます。

  • ストーカーや認識されていないツールをブロックします。以前はネットワークに接続していました。
  • 新しいツールがネットワーク上にある場合に警告を送信します。 単に侵入者に気付くために
  • ネットワークで個別/デバイスのリストを表示する
  • IPアドレス、モデル、MACアドレス、デバイス名、ベンダー、プロデューサーの正しいデバイス検出を取得します。
  • メールと電話でデバイスアラートとネットワークセキュリティを受信する

ガジェットがWiFiネットワークにリンクされている方法に関係なく、パスワードを変更せずに上記の3つの方法のいずれかでブロックできます。認識されたガジェットがWiFiネットワークにリンクしていることを常に確認することをお勧めします。

WiFiホットスポットとは何ですか?

WiFiホットスポット は、オフィスやホームネットワークから離れているときに、PC、スマートフォン、または任意のツールを使用してWiFiネットワークにリンクできるネットアクセスポイントです。

Wi-Fiホットスポット

多くの企業、都市、その他の施設がWiFiの提供を開始しています ホットスポット これは、人々がワイヤレスモバイルネットワークよりも頻繁に高速である強力で迅速なインターネット接続に接続するのに役立ちます。

それでもWiFiホットスポットとは何ですか?それはどのように機能しますか? ホットスポットは安全ですか? 以下で必要なすべての情報をお読みください。

WiFiホットスポットはどのように機能しますか?

コミュニティWiFiホットスポットは、オフィスや自宅にあるWi-Fi接続と同様に機能します。 WiFiホットスポットは、インターネットに接続し、ルーターやモデムなどの独自のワイヤレスツールを使用してワイヤレス接続を生成し、そこからスマートフォン、タブレット、PC、または代替デバイスをリンクすることで機能します。

WiFiホットスポットの速度、電力、範囲、およびコストは異なる場合があります。 それでも、WiFiホットスポットの背後にある全体的な概念は、ホームベースのWiFiネットワークとまったく同じであり、内部WiFiネットワークを使用する場合と同様に、WiFiホットスポットにリンクして使用することができます。

WiFiホットスポットの種類

WiFiホットスポットは一般的に同じですが、利用可能なホットスポットにはいくつかの種類があり、明確な違いはほとんどありません。

パブリックWiFiホットスポット

パブリックWiFiホットスポットは、まさにそのように見えます。 このようなホットスポットは、常にではありませんが、ほとんどの場合無料で使用できます。 カフェ、公共図書館、小売店、およびその他のそのような組織や企業などの場所では、顧客に無料の公共WiFi接続を提供する場合があります。 いくつかの町では、市民の管理者やISPが、特定の地域で無料の公共WiFi接続を提供している場合もあります。 これらはほとんど無料ですが、空港やホテルなどの一部の地域では、公共のWiFiホットスポットにアクセスするために料金を支払う必要があります。

携帯電話のWiFiホットスポット

モバイルホットスポットにはさまざまな種類があります。 たとえば、iPhoneをWi-Fiホットスポットとして使用できることをご存知ですか? 同様のことが最高のAndroidスマートフォンにも当てはまります。 携帯電話でこの機能をオンにするだけで、携帯電話のデータを使用してWiFiホットスポットを作成できます。 後で、セルラーデータを含まないPCまたは代替デバイスを使用してこのホットスポットにリンクできます。

また、携帯電話のデータ接続を強力なWiFi接続に切り替えることを目的とした専用のモバイルWi-Fiホットスポットを購入することもできます。 仕事のために非常にツアーをする人、または常に信頼できるWiFi接続へのアクセスを必要とする人は、ほとんどの携帯電話会社から購入できるそのようなデバイスのXNUMXつに関与している可能性があります。

プリペイドホットスポット

プリペイドWiFiホットスポットはセルラーホットスポットと同じですが、使用できるデータの量が制限されています。 このデータの前払いを行うことができ、有効期限が切れると、自動的に追加購入することができます。 これは、長年のモバイルデータサブスクリプションなしでセルラーホットスポットを取得するための優れた方法です。

WiFiホットスポットを取得する最も簡単な方法は、PCまたはモバイルを開いて検索を開始することです。 いくつかの公共エリアでは、無料でリンクできるオープンな公共WiFiホットスポットがたくさんあることに気付くでしょう。 独自のISPが提供するWiFiホットスポットを検索することもできます。

WiFiデッドゾーンを修正する

WiFiデッドゾーンの修正– A WiFiデッドゾーン 基本的には、家、建物、職場、またはWi-Fiでカバーされると予想されるその他の領域内のスペースですが、そこでは機能しません。ツールはネットワークに接続できません。 ガジェットをデッドゾーンに持ち込むと(タブレットやスマートフォンを使用していて、デッドゾーンのある部屋に入ると)、Wi-Fiが機能しなくなり、信号が届きません。ほとんどの家はWi-Fiより前に建てられました。 -Fiが発明されたため、Wi-Fiに干渉する方法で構築されている可能性があります。 金属製の壁やファイルキャビネットなどの巨大な金属製のものは、Wi-Fi信号をブロックすることさえあります。

WiFiデッドゾーンを修正する

WiFiデッドゾーンを修正する方法

以下は、Wi-Fiカバレッジをカバーするためのいくつかのヒントです。

ルーターを移動する

ルーターがアパート、家、または職場の片隅にあり、アパートのもう一方の隅に不感帯がある場合は、ルーターをアパート、家、または職場の中央にある新しい中央の場所に移動してみてください。

ルーターのアンテナを調整する

ワイヤレスルーターのアンテナが上向きで垂直に向いていることを確認してください。 水平方向を指している場合、同じ範囲のカバレッジは得られません。

封鎖の発見と再配置

Wi-Fiルーターが金属製のやすり戸棚のほかに保管されていると、信号強度が低下します。 強い信号強度のために場所を再配置してみて、それが不感帯を取り除くかどうかを確認してください。

混雑の少ないワイヤレスネットワークに変更する

Android用またはWifiアナライザーMacまたはWindows用のSSIDerなどのガジェットを使用して、Wi-Fiネットワークの最も混雑していないワイヤレスネットワークを見つけ、次にルーターの設定を変更して、より多くのワイヤレスネットワークからの侵入を減らします。

ワイヤレスリピーターをセットアップする

上記のヒントのいずれも役に立たない場合は、より広いエリアにカバレッジを拡張するためにワイヤレスリピーターを設定する必要があります。 これは、大きなオフィスや家で重要になる可能性があります。

有線リンクを使用してWiFiデッドゾーンを修正する

オンラインイーサネットワイヤの設定を検討することもできます。 たとえば、家のほとんどの場所で優れたワイヤレスカバレッジが得られているが、寝室内でWi-Fi信号を受信して​​いないように見える場合、壁の内側に金属製のチキンワイヤーがある可能性があります。 ルーターから寝室までイーサネットケーブルを配線するか、通路内の放浪ケーブルをあまり見たくない場合は電力線コネクタのペアを使用して、部屋の中に追加のワイヤレスルーターを設定できます。 次に、以前の空の部屋にワイヤレスインターネットエントリが必要になります。

ワイヤレスデッドゾーンがある場合は、ルーター、その場所、隣人、アパートの壁の構成要素、カバレッジスペースのサイズ、使用している電子ガジェットの種類、配置場所によって異なります。 トラブルを引き起こす可能性のあるものは十分にありますが、試行錯誤することで問題を特定することができます。

ワイヤレスデッドゾーンは、自宅、オフィス、またはアパートの近くを歩いているかどうかを検出するのに複雑ではありません。 それらを発見した後、さまざまな解決策を試して、問題を引き起こしているものを修正することができます。

WiFiネットワークを保護する

侵入者を防ぎ、データを保護するためには、WiFiネットワークを保護する必要があります。

Wi-Fiネットワークを保護する方法

Wi-Fiネットワークを保護する ハッカーから安全に保つために、実行する必要のある多くの手順があります。

1.デフォルトのユーザー名とパスキーを変更する

あなたを守るためにあなたがしなければならない最初のそして最も重要なこと 無線LAN ネットワークは、デフォルトのユーザー名とパスワードをさらに保護されたものに変更することです。

Wi-Fiサプライヤーは、ユーザー名とパスキーをネットワークに自動的に割り当てます。ハッカーは、このデフォルトのパスキーをオンラインで見つけるだけです。 ネットワークにアクセスできるようになると、パスキーを好きなように変更し、ベンダーをロックアウトしてネットワークを乗っ取る可能性があります。

ユーザー名とパスワードを置き換えると、侵入者が誰のWi-Fiであるかを見つけて、ネットワークにアクセスするのが非常に複雑になります。 ハッカーは、何百もの可能なパスキーとユーザー名のグループ化をテストするためのハイテクガジェットを持っているため、記号、文字、数字を組み合わせた強力なパスワードを選択して、解読を困難にすることが重要です。

2.ワイヤレス暗号化ネットワークをオンにします

暗号化は、ネットワークデータを保護するための最も効率的な方法のXNUMXつです。 暗号化は、ハッカーが解読できないようにデータまたはメッセージの内容を混合することで機能します。

3.仮想プライベートネットワークVPNの使用

仮想プライベートネットワークは、暗号化されていない、セキュリティで保護されていないネットワークを介して個人的な方法で接続できるようにするネットワークです。 VPNはデータを暗号化するため、ハッカーはあなたがオンラインで行っていることやあなたがどこにいるのかを伝えることができません。 デスクトップに加えて、ラップトップ、電話、タブレットでも使用できます。 デスクトップだけでなく、電話、ラップトップ、またはタブレットでも使用できます。

4.家にいないときにWi-Fiネットワークをオフにします

簡単そうに見えますが、ホームネットワークを攻撃から保護する最も簡単な方法の24つは、家から離れているときにネットワークをオフにすることです。 Wi-Fiネットワークは、7時間年中無休で稼働している必要はありません。 外出中にWi-Fiをオフにすると、機知に富んだハッカーが外出中にネットワークに侵入しようとする可能性が低くなります。

5.ルーターソフトウェアを最新の状態に保ちます

Wi-Fiソフトウェアは、ネットワークセキュリティを保護するために最新化する必要があります。 他の種類のソフトウェアと同様に、ルーターのファームウェアには、ハッカーが悪用しようとしているエクスプロイトが含まれている可能性があります。 多くのルーターには自動更新の選択肢がないため、ネットワークが保護されていることを確認するためにソフトウェアを物理的に更新する必要があります。

6.ファイアウォールを使用する

最大のW-Fiルーターには、ブロードバンドネットワークを保護し、ストーカーからのネットワーク攻撃をチェックするネットワークファイアウォールが組み込まれています。 停止するオプションもあるので、ルーターのファイアウォールがオンになっていることを確認して、セキュリティに保護レイヤーを追加することが重要です。

7.MACアドレスのフィルタリングを許可する

ほとんどのブロードバンドルーターには、物理​​メディアアクセス制御(MAC)アドレスと呼ばれる排他的な識別子が含まれています。 これは、ネットワークにリンクする可能性のあるガジェットの数をチェックすることにより、セキュリティを強化しようとします。

インターネットが遅いのはなぜですか?

遅いインターネット接続に対処するためのトップ6の方法

素晴らしいWi-Fiまたはイーサネットリンクを持っていることほど迷惑なことはありませんが インターネットの速度が遅い。 以下は、インターネットの低速速度を単純に克服するためのトラブルシューティング、修正、および修正のアイデアです。

1.インターネットプランを確認します

時々、あなたが安っぽいインターネットの代金を払っているのであなたのインターネット接続は遅いです。 プロバイダーのWebサイトにログインして、どのような計画があるかを確認してください。 次に、fast.comまたはその他の代替サイトにアクセスして、速度テストを実行します。 インターネットを高速化する最良の方法は、プランをアップグレードすることです。

2.ハードウェアにユニバーサルフィックスを提供します

ルーターとモデムを確認し、クイックリセットを実行して、それが機能するかどうかを確認します。 自宅にある他のPCを調べて、それらが インターネット 遅い。 問題がXNUMX台のPCでのみ発生する場合、問題はそのPCであり、モデムやルーターではありません。

3.Wi-Fi信号を修正します

Wi-Fiについて言えば、インターネットとルーターは問題ないことに気付くかもしれません。 それでもあなたの無線信号は弱いです。 これにより、以前は遅く、少なくとも休眠状態に満ちたブラウジング体験が生まれる可能性があります。 次に、いくつかの手法を使用してルーターを移動、調整、およびブーストする必要がある場合があります。

4.帯域幅を大量に消費するアプリをオフにするか制限します

ハードウェアが正常に機能しているように見える場合は、追加のプログラムが接続を支配していないかどうかを確認します。 たとえば、BitTorrentでファイルをダウンロードすると、通常のWebブラウジングは遅くなります。 接続を消費する可能性のある帯域幅を支配する広告、ビデオ、アニメーションのいくつかをブロックするPrivacy Badger&AdBlockPlusなどの拡張機能をインストールすることも試みなければなりません。

5.最新のDNSサーバーを使用する

ブラウザにアドレスを書き込む間、PCはDNSと呼ばれるものを使用して、それを検索してPC応答のIPアドレスに解釈します。 ただし、PCがその情報を検索するために使用するサーバーに問題がある場合や、完全にダウンする場合があります。 幸いなことに、クラウドフレアやGoogle DNSなど、より迅速で無料の選択肢がたくさんあります。

4.インターネットサプライヤに連絡してください

重要なトラブルシューティング手順をすべて実行し、インターネットがまだ遅い場合は、インターネットサプライヤに連絡して、問題が解決しているかどうかを確認してください。 注:彼らが何か間違ったことをしたと思い込んで、クライアントサービス担当者を扱ってはいけません。 彼らがあなたに間違った速度をずっと提供してきたなら、あなたは確かに素晴らしい結果を得るでしょう。

5.遅い接続のためにウェブを改善する

遅いインターネットのトラブルシューティングには時間がかかる場合があり、その間もブラウジングが必要です。 あるいは、カフェや飛行機の中で、低速では何もできないかもしれません。 したがって、遅い接続のためにあなたのウェブを後押しする時が来ました。

6.よりスマートに作業する

低速接続で作業を完了する必要がある場合は、インターネットが超高速の場合とは異なる方法でタスクを選択する必要がある場合があります。 タスクを帯域幅の少ないタスクと帯域幅の多いタスクに分割します。 低速の接続を使用している場合は、軽い接続を実行し、帯域幅を大量に消費するすべてのタスクをまとめて収集します。これにより、接続が高速になったら実行できます。

デフォルトのIPアドレスとは何ですか?

An インターネットプロトコルアドレス は、インターネットプロトコルを使用して送信するPCネットワークにリンクされているすべてのデバイスに割り当てられる数値タグです。 IPアドレスは、ネットワークインターフェイスまたはホストの識別と場所のアドレス指定という2つの主要な目的を提供します。

ネットワークによってPCに割り当てられたIPアドレス、または製品ベンダーによってネットワークガジェットに割り当てられたIPアドレス。 ネットワークツールは特定のデフォルトIPアドレスに設定されています。 たとえば、通常、Linksysルーターは次のIPアドレスに割り当てられます。 192.168。 1.1

実世界のある場所に行きたい場合は、そのアドレスを要求してGPSに入力します。 インターネット上の場所に行きたいと思ったら、そのアドレスを尋ねて、好みのWebブラウザのURLバーに書き込みます。

WIFIのデフォルトIPアドレスを見つける方法を以下に示します。

  1. すべてのルーターメーカーには、ルーターハードウェアのベースで目立つデフォルトのログインルーターIPアドレスがあります。 そこにラベルが貼られていない場合は、購入後にルーターに付属のドキュメントまたはマニュアルから入手できます。
  2. ISPがルーターの準備をしている場合は、ルーターにログインしてインターネットにアクセスするためのIPアドレスとIDが自動的に通知されます。

デフォルトルーターのユーザー名とパスワードを見つける方法は?

  • デフォルトのログインIDは、ルーターを最初に購入して接続した後にルーターに付属しているルーターハンドブックから入手できます。
  • 通常、ルーターの最大数の場合、デフォルトIDは「admin」と「admin」の両方です。 ただし、これらのIDは、ルーターのメーカーによって異なる場合があります。
  • ハンドブックを紛失した場合は、ルーターのハードウェア自体からデフォルトのIDが見つかる可能性があります。これは、各ルーターの背面に印刷されているためです。
  • ルーターを利用する場合、ネットワークへの不正侵入を防ぐために、いつでもIDを変更することがあります。 これは、ルーターをリセットし、選択に従って新しいパスキーを入力するために行われます。
  • ルーターをリセットするには、リセットキーを数秒間保持すると、ルーターはデフォルトの工場出荷時のデフォルトに再起動されます。 これで、デフォルト設定を変更して、選択したログインIDを設定できます。

ネットワークツールは、単一のデフォルトIPアドレスに固定されています。 たとえば、Linksysルーターには通常、次のIPアドレスが割り当てられます。 192.168.1.1。 デフォルトのIPアドレスは、ほとんどのクライアントによって損傷を受けないように保たれていますが、より複雑なネットワークアーキテクチャに合わせて変更することもできます。 デフォルトゲートウェイとIPアドレスにアクセスします。

デフォルトルーターIPアドレスという言葉は、リンク先でログインしようとしている特定のルーターIPアドレスを示します。 これは、エンタープライズネットワークまたはホームネットワークのいずれにも必要です。

  デフォルトのIPアドレス ルーターは、ルーターのWebインターフェイスに拡張して、コントロールパネルとネットワーク設定にアクセスするために重要です。 このアドレスをアドレスバーのWebブラウザに書き込んだ後、ルーターのネットワーク設定にアクセスするだけで済みます。

en English
X