192.168.0.1

デフォルトゲートウェイIP 192.168.0.1 これは、管理コンソールにログインするためのIPデフォルトアドレスとして、D-Linkルーターなどのモデムとともにルーターによって適用されます。 詳細および基本的な192.168.0.1設定を構成するには、を使用できます。

IP192.168.0.1にログインする手順

その状況でモデム/インターネットルーターのIPアドレスのデフォルトが192.168.0.1である場合、インターネット設定を制御するモデム/ルーターの構成コンソールにもログインするために間違いなくそれを使用できます。 192.168.0.1にログインするには、以下の手順に従ってください

  • デバイスがイーサネットワイヤを介して、またはワイヤなしでシステムに接続されていることを確認してください。
  • 次に、インターネットへのアクセスに使用するWebブラウザを開きます。
  • アドレスバーに入力します http://192.168.0.1 or 192.168.0.1.
  • ルーターとモデムのログインページが画面に表示されます。
  • ルーターの構成ページのパスワードに加えて、ユーザー名などのデフォルトのログインIDを送信します。
  • ログインレコードを送信するとすぐに、構成Webページにログインし、必要な変更を行う方法がわかります。

キーワードの上にログインの詳細に関するレポートを保存することができませんか?

取扱説明書の検討

後で192.168.0.1のログイン資格情報を思い出せなかった場合は、マニュアルまたはルーターのボックスを調べる必要があります。 さらに、ユーザー名のデフォルトルーターリストとルーターのパスキーを確認する必要があります。

ルーターをリセットする

ルーターのデフォルトのログイン詳細を変更し、その時点でそれを無視した場合、取得に戻るための最善の方法は、ルーターをデフォルト設定でリセットし、実際にすべての変更をデフォルトに戻すことです。 ルーターリセットの場合:

  1. つまようじやピンなどの先のとがったアイテムを手に取り、ルーターのリセットスイッチを見つけてください。
  2. 小さな機密スイッチに気付いた瞬間。 先のとがったものでスイッチを約15〜20秒間押し続けます。
  3. これにより、変換したユーザー名/パスワードとともに、すべての変更がデフォルト設定に戻ります。 これで、デフォルトのログイン認証でログインできるようになります。

個人用IPには合計で約17.9万の多様なアドレスがあり、すべてプライベートネットワークで使用するために確保されています。 したがって、ルーターのプライベートIPは例外的である必要はありません。

ルーターは、ネットワーク内のすべてのデバイスに、ビジネスレベルの施設であろうと小規模な家庭用ネットワークであろうと、予約済みのIPアドレスを割り当てます。 システム内のすべてのデバイスは、この個人用IPを使用してシステム内の代替ガジェットに接続できます。

ただし、プライベートIPアドレスはネットにアクセスできません。 個人のIPアドレスは、Comcast、Spectrum、AT&Tなどのインターネットサービスプロバイダーを通じて参加する必要があります。 そのため、現在、インターネットに直接参加しているすべてのツールは、最初はインターネットに接続されているシステムに接続し、後でより大きなインターネットに接続しています。

コメント

en English
X