WiFiデッドゾーンを修正する

WiFiデッドゾーンの修正– A WiFiデッドゾーン 基本的には、家、建物、職場、またはWi-Fiでカバーされると予想されるその他の領域内のスペースですが、そこでは機能しません。ツールはネットワークに接続できません。 ガジェットをデッドゾーンに持ち込むと(タブレットやスマートフォンを使用していて、デッドゾーンのある部屋に入ると)、Wi-Fiが機能しなくなり、信号が届きません。ほとんどの家はWi-Fiより前に建てられました。 -Fiが発明されたため、Wi-Fiに干渉する方法で構築されている可能性があります。 金属製の壁やファイルキャビネットなどの巨大な金属製のものは、Wi-Fi信号をブロックすることさえあります。

WiFiデッドゾーンを修正する

WiFiデッドゾーンを修正する方法

以下は、Wi-Fiカバレッジをカバーするためのいくつかのヒントです。

ルーターを移動する

ルーターがアパート、家、または職場の片隅にあり、アパートのもう一方の隅に不感帯がある場合は、ルーターをアパート、家、または職場の中央にある新しい中央の場所に移動してみてください。

ルーターのアンテナを調整する

ワイヤレスルーターのアンテナが上向きで垂直に向いていることを確認してください。 水平方向を指している場合、同じ範囲のカバレッジは得られません。

封鎖の発見と再配置

Wi-Fiルーターが金属製のやすり戸棚のほかに保管されていると、信号強度が低下します。 強い信号強度のために場所を再配置してみて、それが不感帯を取り除くかどうかを確認してください。

混雑の少ないワイヤレスネットワークに変更する

Android用またはWifiアナライザーMacまたはWindows用のSSIDerなどのガジェットを使用して、Wi-Fiネットワークの最も混雑していないワイヤレスネットワークを見つけ、次にルーターの設定を変更して、より多くのワイヤレスネットワークからの侵入を減らします。

ワイヤレスリピーターをセットアップする

上記のヒントのいずれも役に立たない場合は、より広いエリアにカバレッジを拡張するためにワイヤレスリピーターを設定する必要があります。 これは、大きなオフィスや家で重要になる可能性があります。

有線リンクを使用してWiFiデッドゾーンを修正する

オンラインイーサネットワイヤの設定を検討することもできます。 たとえば、家のほとんどの場所で優れたワイヤレスカバレッジが得られているが、寝室内でWi-Fi信号を受信して​​いないように見える場合、壁の内側に金属製のチキンワイヤーがある可能性があります。 ルーターから寝室までイーサネットケーブルを配線するか、通路内の放浪ケーブルをあまり見たくない場合は電力線コネクタのペアを使用して、部屋の中に追加のワイヤレスルーターを設定できます。 次に、以前の空の部屋にワイヤレスインターネットエントリが必要になります。

ワイヤレスデッドゾーンがある場合は、ルーター、その場所、隣人、アパートの壁の構成要素、カバレッジスペースのサイズ、使用している電子ガジェットの種類、配置場所によって異なります。 トラブルを引き起こす可能性のあるものは十分にありますが、試行錯誤することで問題を特定することができます。

ワイヤレスデッドゾーンは、自宅、オフィス、またはアパートの近くを歩いているかどうかを検出するのに複雑ではありません。 それらを発見した後、さまざまな解決策を試して、問題を引き起こしているものを修正することができます。

コメント

en English
X